最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー

    地道な作業を繰り返す私の脱毛方法

    私のすね毛は濃い。
    学生時代に同級生からムダ毛処理をするものだと教わって以来
    入浴時に父のひげ剃りでせっせと剃ったせいだ。
    剃ればツルツルになるけど、毛の断面の表面積が広いから
    黒いポツポツが目立つ足になっていった。

    他の子の体毛は薄くてムダ毛といってもさほど目立たないのに
    私のムダ毛は何でこんなに濃いのかな。
    髪の毛と眉毛やまつ毛以外の要らない毛が
    なくなってしまえばどんなに気が晴れることだろう。
    ずっとそう思っていた。

    永久脱毛してみたい。
    でも田舎ではエステサロンすらない。
    それなら自分で脱毛するしかないか。
    お金も電気器具も要らない脱毛方法って何かな。
    家中を見回して見つけた。

    毛抜きだ。

    父が若い頃、毎日ひげ剃りするのが面倒で
    ある時、鏡を見ながらひげを一本ずつ引っこ抜いた事があると
    話してくれたのを思い出した。
    父は顔の片方ひげを抜いたところで友人に呼ばれ
    慌てて電車に乗って出かけたのだが、
    自分が毛抜きで脱毛作業中だという事をすっかり忘れていた。
    顔の片方にはひげがあり、他方はツルツルという
    奇妙な姿で出かけたので他の乗客が驚いたそうだ。

    我が家にこんな近くに脱毛経験者がいたではないか。
    それなら私もすね毛で試してみようではないか。
    という事で留守番をしている時に脱毛実験してみた。
    足のすね毛の真ん中あたりの一本を引っ張ってみる。
    痛いが想像していたよりは耐えられる程度の痛みだ。
    すね毛全部抜けるかもしれない。
    こうして前屈みになり膝を立て、毛抜きでせっせと引き抜き始めた。

    時間は相当かかるし疲れるけど結構キレイになるものだ。
    でも、片方のすね毛を抜いたところで両親が帰って来たので
    私の脱毛作業は中断。
    かつての父と同様、片方だけツルツルになってしまった。

    Categories
    Bookmarks